ここからメニュー
ここから本文

シンポジウム開催案内

ADシンポジウム2017
使いやすいモノ・サービス・情報にするために
〜AD研究分野と産業分野の連携について〜 終了しました。

異なる業界団体が集まり、アクセシブルデザイン(AD)・福祉用具関連の調査、開発、標準化、普及、国際化等の事業について情報共有を行っているアクセシブルデザイン推進協議会では、毎年社会情勢に合わせテーマを決め、シンポジウムを行っています。
 今年度は、ADや福祉用具に関連する研究機関の成果をはじめ、当事者やサービスの視点から、障害者差別解消法への連動について考えるシンポジウムを開催いたします。
 多くの方にご出席を頂きたいと考えておりますので、万障お繰り合わせの上、ご臨席頂ければ幸いです。
 お申込みは、以下「申込書」にてFAXまたはメールにてお送りいただけますようお願い申し上げます。

日時:
平成29年2月20日(月)(14:00~17:00(受付:13:30〜)
場所:
YMCAアジア青少年センター(在日本韓国YMCA) 地下1階 スペースY文化センター(ホール)
東京都千代田区猿楽町2−5−5
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html

プログラム(PDF版

【開会・本日の趣旨説明】14:00〜14:05
(司会・進行 アクセシブルデザイン推進協議会(ADC)事務局

【基調講演】14:05〜14:45
「アクセシブルデザイン(AD)の現状と課題」
高橋玲子氏:経済産業省産業技術環境局国際標準課工業標準専門職

【講演1】14:50〜15:30
「AD研究を産業に活かすために」
倉片憲治氏:国立研究開発法人産業技術総合研究所
情報・人間工学領域 人間情報研究部門総括研究主幹

【休憩】15:30〜15:45

【講演2】15:45〜16:25
「分かりやすいサービス・情報のあり方
〜みんなが楽しめるディズニーリゾートの取り組み〜」
野口浩一氏:株式会社オリエンタルランドCS推進グループバリアフリープロデューサー

 【AD最新報告】16:25〜16:50
最新のアクセシブルデザイン情報報告
星川安之:アクセシブルデザイン推進協議会事務局(共用品推進機構専務理事)

【まとめ・閉会】16:50〜17:00

*講演のタイトルは、当日変更になることがあります。予めご了承ください。
※当日の情報保障として手話通訳を予定しております。

日 時:平成29年2月20日(月)14時00分〜17時00分(受付13:30〜)
場 所:YMCAアジア青少年センター(在日本韓国YMCA)
地下1階 スペースY文化センター(ホール)
東京都千代田区猿楽町2−5−5
定 員:150名
(2月10日(金)まで受け付けております。その後、席の状況によってご案内できる可能性がございますので、お手数ですが以下の問い合わせ先までご連絡下さい。)
参加費:1,000円
(当日受付にてお支払いください。領収証は当日お渡しします。)
主 催:アクセシブルデザイン推進協議会
一般財団法人 家電製品協会
公益財団法人 交通エコロジー・モビリティ財団
公益財団法人 テクノエイド協会
一般社団法人 日本ガス石油機器工業会
一般財団法人 日本規格協会
日本福祉用具・生活支援用具協会
公益社団法人 日本包装技術協会
公益財団法人 共用品推進機構

お申込み先 及び お問合せ先

申込方法

アクセシブルデザイン推進協議会
事務局(共用品推進機構内)星川(ほしかわ)・森川(もりかわ)

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-4
Tel:03-5280-0020
Fax:03-5280-2373
メール:jimukyoku@kyoyohin.org

申込書

ADシンポジウム 事務局

郵送又はメール、FAXでお申込みください。
(お申し込みの際は、上記のお申し込み方法が重ならないようご確認下さい。)
※当日は、事前に申込まれた方から優先的に入場できます。

氏 名 
連絡先所属(会社名又は団体名):
 
TEL:
FAX:
E-mail:
備考
車いす使用、手話、要約筆記、その他特記事項など必要なものに〇をお願いします。その他ご希望がある場合はご記載ください。
 

ここまで本文